肌触る 女性

なぜ、夏は皮膚トラブルが起きやすいのでしょうか?

夏に、肌がかゆくなったり、肌荒れを起こしたり、落ち着いていたアトピーの症状が悪化するといった方が多くみられます。
薄着になる季節ですから、肌が荒れていると、嫌な気持ちになりますよね。
その原因と改善方法について解説いたします!

皮膚トラブルの原因と改善方法とは!?

夏に増えるかゆみ・肌荒れの原因は、冷房による乾燥や汗の影響が考えられます。

<冷房の影響による肌荒れ・かゆみの原因とは?>
それは、乾燥による影響が考えられます!
冷房は、室内の空気を乾燥させます。
ただでさえ夏の肌は、紫外線の影響で、乾燥を起こしやすい状態にさらされています。
肌の水分が乾燥で失われると、キメは粗くなり、肌に隙間ができてしまいます。
すると、肌が荒れやすくなったり、かゆみを強く感じるようになってしまいます。

<このような症状の改善方法とは!?>
このようなタイプの方の場合は、冷房が直接肌に当たらないように、
薄手の羽織を着るように心がけましょう。
そして、セラミドなどの成分が配合された保湿クリームで肌を保護するようにしましょう。
漢方薬の治療では、血流不全が肌の乾燥を引き起こす原因の一つと考えます。
「四物湯(しもつとう)」や「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などの漢方薬で血流を改善し、
肌の乾燥を改善する漢方薬で対応することが出来ます。

<汗による肌荒れ・かゆみの原因とは?>
汗をかくと、体がかゆくなる、湿疹ができるという方はいませんか?
汗をかいた時に出る物質が肌を刺激し、肌のバリア機能が乱れ、
かゆみ刺激となって症状がでたり、湿疹が出てしまうのです。

<このような症状の改善方法とは!?>
このようなタイプの方の場合は、皮膚のバリア機能が低下しているケースが多く、
皮膚のバリア機能を高め、身体全体のエネルギーを補う必要があります。
漢方薬の「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」を服用すると症状が改善するケースが多くみられます。
自分でできる対策として、汗をかいたらこまめにふき取る・食生活を見直すことも大切です!

夏の肌トラブルでお悩みの方は、お気軽に保険適用の漢方外来にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です